水素自動車は排気管から出るのはH2o

水とは水素と酸素が結合して「H2O」という化学式であらわされます。ガソリンを空気と圧縮したそれに点火させその爆発力をピストン運動でシャフトを通じてタイヤの回転運動に換えてガソリン自動車は走ります。今では水素を圧縮して酸素と結合することでエネルギーを作り出す水素自動車が実用化されています。排気管からは水がぽたぽた出てくるというこの化学式そのもので自動車が走る時代になりました。ペットボトルで水分補給するのはミネラルウォーター、車を走らせるのも、これと同じ水なんですね。スゴクナイデスカ!?人間をはじめとする動植物は水が無くては生きてゆけません。魚や哺乳類のクジラも海水が無くては生きてゆけません、水が無くてはならないのです。海水を真水に換えるプラントでサウジアラビアをはじめとする中東の国の人々は生活しています。石油で大富豪になっても水が無くては大富豪も生きてゆけませんからね。その中東の淡水化技術は日本の技術です、福岡市も渇水で苦労してこの海水淡水化を実現し私たちの飲み水として広く利用されています。これは膜をつかっらろ過技術によって成り立っているのですね。日本も各地に湧水が湧き出ていておいしい水もタックさんあります。名水100選なる言葉もつくられ私たちの生活には欠かせない水。
こちらもおすすめ⇒プレミアムウォーター専用のペットボトルは12リットル入ってます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です